住まいのノウハウ

ledで電気代を節約!明るくお得な生活をするなら!

  • faebook
  • ツイッター
解体の窓口
タグ:

長持ちすることで知られるled電球、発売された当初は高価な製品というイメージでしたが、一度購入するとこれまでの物よりかなり長い時間使えてお得なので、今や身近な照明電球として普及が広がっています。

今回はそんなled電球についてご紹介します。

「次はled電球にしようと思っている」そんな方はぜひご参考にされてください。

和風な照明

led電球はお得?どんなメリットがあるの?

寿命が約10年

led電球は一般の電球に比べて寿命が長いことが知られています。

白熱電球の寿命がだいたい2,000時間、蛍光灯が13,000時間であるのに比べ、led電球の寿命は4万時間にもなります。

毎日10時間点灯させても約10年はもつ計算になります。

これはかなりお得ですね!

ledは消費電力も少ない

使用方法、点灯時間によっても変わりますが、led電球の消費電力は白熱電球に比べると約五分の一程度になります。

消費電力が少ないということは二酸化炭素の排出量を減らすことにも繋がります。

led電球は環境にも優しいんですね!

ledは熱を出さない

近寄っても熱くありません。

ledのデスクライトでしたら、勉強中にライトに近付いても熱くありませんし、小さなお子様が誤ってライトに触れても安全です。

夏場は余計な熱を排出しないので、エアコンの働きを妨げません。

電球に虫が近寄ってこない

照明器具のカバーを掃除しようと外した際に、中に小さな虫が入り込んでいたりしませんか?

led電球は虫を引き寄せる紫外線を出さないため、照明器具に虫が入り込むのを防ぎます。

電球だけお得なled電球に交換したい

電球を取り替える

現在お使いの電球が切れたら「次はled電球にしよう」とご検討されている方が多いかと思います。

でも、お使いのものにled電球を取り付ける場合にはいろいろな確認事項があります!

高価なled電球を買ったものの、照明器具に合わないとなったら損になってしまいます。しっかり確認しましょう。

口金タイプを確認

同じ口金タイプの電球を購入する場合、現在お使いの電球を外してお店に持っていけば比較・確認がしやすいです。

電球の持ち運びにはお気をつけくださいね。

照明器具のサイズ

口金のサイズが同じでも、電球部分の寸法が違っていることがあります。

led電球は丸みが大きいものもあり、口金にled電球がはまっても照明器具の蓋を閉めようと思ったら閉まらない!なんてことが…

led照明は重さがある

白熱電球向けの古い照明は耐荷重が小さいものがあります。

蛍光灯ボール球やled電球は白熱電球よりも重さがあるので、照明器具の耐荷重が耐えられるものか確認しましょう。

蛍光灯型ledランプの付け替えにはさらに確認が必要

キッチンのライト

蛍光灯型のledランプも販売されています。

ledランプに取り替えたい場合には、現在お使いの照明器具のサイズだけではなく、「タイプ」を確認してください。

「ラピッドスタート式」「グロースターター式」「インバーター式」があり、それぞれに適合する蛍光灯型ledランプを購入しないと、点灯しません。

ledのここに注意

コストが高い

近年価格は下がってきていますが、まだまだ高い印象です。

サイズなどを間違って購入し、使えなかった場合の財布ダメージが大きいので購入の際には注意しましょう。

苦手な照明器具がある

取り付ける場所や器具で、led電球にとって苦手なところがあります。

調光タイプ(ダイヤルを回して光量を調節できる照明)の照明器具では、普通のled電球は内部部品が破損する恐れがあります。

「調光器対応」のled電球を購入する必要があります。

また浴室の照明器具にled電球を使いたい場合は「密閉形器具」対応の製品を選んでください。

ledも点灯時にはある程度発熱しているので、密閉形器具用のled電球でないと、照明器具が壊れてしまうのです。

ledの照明器具は使い切りが主流

シーリングライト
出典:https://commons.wikimedia.org

天井に取り付けるタイプのledシーリングライトは、ledの交換ができない使い切りの製品が多いのです。

従来の照明器具だったら「電球が切れる」→「電球を交換する」という認識が一般的でした。

しかしメーカーとしては、シーリングライトといった照明器具の耐久年数を約10年としており、安全性の面からもledの寿命が終わるのと同時に照明器具をまるごと交換するという傾向になっているのです。

確かにledを交換できる照明器具だったら、ledを交換して使ううちに先に照明器具の寿命がきて壊れてしまいそうですね。

解体の窓口

おわりに

光の色味を切り替えることのできるタイプやセンサータイプ、ランタンタイプと機能豊富な新製品も次々と発売されています。

ご自宅の照明を確認してみてください。

「うちの照明、暗いしちょっと寿命かも…」そんな気がしたら、新年に向けて電球や照明器具をledタイプに新調してみることをご検討されてみては?

ledを使って、お得で明るい、快適な暮らしを実現させましょう!

この記事のタイトルとURLをコピーする
  • faebook
  • ツイッター

記事一覧へ戻る

Related article関連記事

New article 新着記事