暮らし

シェアハウスでのトラブル事例7選!図太くないと暮らせない!?

  • faebook
  • ツイッター
  • bookmark
  • ポケット
タグ:

敷金・礼金・保証人制度がなく、そして家電・家具付きなので気軽に始められることから、人気の高まっているシェアハウス。

テレビの影響もあって非常にシェアハウスを始める人は多いようです。

そんなシェアハウスは光熱費なども家賃に含まれているので、気にせずに生活することができます。

またシェアハウスは立地が良い場所の物件が多く、都心でも格安の家賃で住めることから、シェアハウスを選ぶ人も物件数も増加傾向にあります。

そんな金銭的・立地的にメリットの大きいシェアハウスですが、家族ではない他人と共同生活をするわけですから、トラブルが発生する場面も多々あります。

今回はシェアハウスで起こりがちなトラブルについて調べてみました。

叫ぶ人

シェアハウスについて知ろう

シェアハウスとは、簡単に言うと知らない人と共同生活をすることを言います。

一般的に、プライベートの空間である個室を一人一室設けられており、キッチンやバストイレなどは共有する形になります。

趣味など共通のある者同士でシェアハウスをすることもありますが、国籍も全く違う者同士がシェアハウスを始めることもあるようです。

こんなトラブルが!

シェアハウスのトラブル1.掃除をしない、だらしない人が得をする

掃除

掃除をする習慣のない人は、不潔な環境にいてもさほど気にせず、不便を感じてはいません。

大変なのは綺麗好きな人です!

共同スペースまで汚されては我慢ができずに掃除をしますが、掃除をしない人からしたら「掃除好きな人が勝手に掃除しているだけ」としか考えていないのです。

結局は、綺麗好きな人が掃除をする羽目になってしまいます。

また、個人スペースを不潔にした挙句、虫や悪臭が発生してしまい、他の住民に迷惑がかかるというトラブル例も…

シェアハウスのトラブル2.ゴミ出し当番などの共同生活ルールを守らない

ゴミ出し

「誰かがやるだろう」「自分は忙しいから」と共同生活でのルールをサボったり守れなかったりする人が出てくることもあります。

シェアハウスのトラブル3.生活音

生活音

騒音もシェアハウスでありがちなトラブル。

例えば、足音一つでも「これが普通」「うるさすぎる」というように、感じ方の個人差があります。

テレビや音楽の音量、電話での話し声、目覚ましの音などが隣の部屋にどう響くのか、壁の薄さなどは事前にチェックしておくほうが良いでしょう。

シェアハウスのトラブル4.人間関係

人間関係

人間性が合う・合わないというものも、どうしても出てきます。

様々な価値観を持つ人々と出会えるのもシェアハウスの魅力の一つですが、「相容れない人がいるかもしれない」というリスクも考えておかなくてはなりません。

また、シェアハウスの住民同士仲が良い場合でも「日々の付き合いがたまには面倒くさくなる」「放っておいて欲しい時に一人きりになれない」という感想も。

シェアハウスのトラブル5.窃盗の危険性

窃盗

共用部分に置いてあった私物がなくなる、なんてトラブルも。

貴重品や人に触れられたくないものは、きちんと自分のスペースで管理しましょう。

シェアハウスのトラブル6.冷蔵庫の管理

冷蔵庫

たかが食料、されど食料!

共用の冷蔵庫で、食料の管理でトラブルが発生することもあります。

冷蔵庫の中に腐った食料をずっと放置していたり、勝手に人の購入した物を食べてしまうなんてことも。

自分の食事ペースを乱されてしまうのは大きなストレスになります。

シェアハウスのトラブル7.自分の都合以外で退去

退去

シェアハウスが閉館する、もしくは住民の退去が相次いだため一人分の家賃が増えることになり、自分も退去する羽目になった…なんて事例も。

解決策は…?

住民同士のモラル・価値観が合わないとせっかくの共同生活が苦痛なものとなってしまいます。

では、シェアハウスで快適に暮らすためにはどうしたらよいのでしょうか。

提案して問題解決を図る

犯人探しや糾弾する、という方法ではなく、トラブル源となっている人が「ただ気付いてない」「気が回っていない」ということもあります。

「自分はこうして欲しい」という提案で問題解決を図ってみましょう。

管理会社にお願いする

トラブル対応のノウハウがある管理会社なら、もしかしたら解決に導いてくれるかもしれません。

直接住民に言うよりも、ワンクッション置いたほうが円滑に問題解決するということもあるでしょう。

清掃サービスの入るシェアハウスを選ぶ

家賃は少々高くなってしまいますが、管理会社が掃除をしてくれるシェアハウスを選べば掃除のストレスがなくなります。

諦めて、あまり期待しないでおく

自分の常識や価値観を他人に押し付けず、期待しないでおけばイライラすることも減るでしょう。

逆に期待以上のことがあれば、喜びが大きくなるはずです。

おわりに

金銭的にメリットの大きいシェアハウス。

一人暮らしだと不安な面もありますが、シェアハウスであれば安心して新生活をスタートすることができますよね。

他人との共同生活を楽しめるし、リスクも承知済み!という方は上記のトラブル例も踏まえて、新生活にぴったりのシェアハウスを探してみてはいかがですか?

この記事のタイトルとURLをコピーする
  • faebook
  • ツイッター
  • bookmark
  • ポケット

記事一覧へ戻る

Related article関連記事

New article 新着記事