• いえらぶコラム>
  • 【同棲しよう!】のその前に、知っておきたい同棲のルール

住まいのノウハウ

【同棲しよう!】のその前に、知っておきたい同棲のルール

  • faebook
  • ツイッター
  • グーグル+
  • bookmark
  • ポケット

恋人が部屋に泊まることが頻繁になり、恋人が生活しやすいように運び込んだ荷物も次第に増えて…気づけば、これって同棲かも

2人での新生活は一緒に過ごせる時間も格段に増えて、楽しいですよね!

でも…入居の時には一人暮らしで契約したそのお部屋、同棲をしても大丈夫ですか?

背中合わせのカップル

同棲を始める前に、知っておきたい賃貸のルールとは

入居者の変更・人数の増減は貸主に対して報告する義務がある!

まずは入居した時の契約書に2人以上が住める物件であるかどうか書かれていないか、確認してみましょう。

学生さん向けの一人暮らし用賃貸やシェアハウスでは「居住者以外の宿泊禁止」となっている物件もあります。

2人以上の入居が可能なお部屋であれば報告だけですむことがほとんどです。

もし2人以上の入居を禁止する物件であった場合、同棲は解約や更新拒否の理由にもなってしまいます。

なんで一人暮らし用の物件で同棲しちゃいけないの?

借りたからといって、賃貸物件を好き勝手に使ってよいわけではありません。

【単身者向けの物件だから入居を決めた人もいる】

静かに過ごすことのできる単身者向けの物件を探して入居した方もいるので、生活音や話し声は苦情にあがりやすくなります。

【入居者間の公平を保つことができない】

勝手に同棲を進め、他の住人に知られてしまった時に「自分は恋人とこの部屋で暮らすのを我慢しているのに…」と不公平に思われることがあるかもしれません。

【1人と2人では消耗度が違う】

2人で生活するということは全ての消耗・消費が一人の時の2倍になるということです。

電気代、ガス代はもとより部屋を2人で使っている分だけ消耗し汚れていくことになるので、一人暮らしとして契約した時の敷金とは釣り合わなくなってしまうのです。

【ルールを守らない行為は管理上も困る】

黙認してるから、みんなしていることだからとルールを守らずにいると賃貸物件全体の管理状態が悪化し、経営に影響することも考えられます。

ともかく一人暮らし用として契約をした以上、黙って同棲をするのは大家さん・管理会社との信頼関係を損なっていることになります。

バツ

黙っていれば大丈夫、と思いきや…同棲はこうやってバレる

同棲が発覚する多くの場合は、近隣からの騒音などによる苦情が原因となっています。

また騒音や入居者数の関係で、アパートよりはマンションのほうが同棲がバレにくいと言われています。

実際に同棲がバレるパターンを調べてみました。

【同じ建物の住民や、近所の人たちからバレる】

夜遅くまで生活音がするといった理由で苦情が大家さんや管理会社に入り、同棲がバレてしまいます。

【大家さんが同じ建物、もしくは近くに住んでいる】

大家さんと生活エリアが同じであれば、同棲もすぐにわかってしまいますね。

【部屋を見てもらった時に知られた】

室内工事または何らかのトラブルに見舞われ、大家さんや管理会社の方を部屋に入れた時に同棲がバレてしまうことがあります。

もし恋人が部屋にいない時でも、一人暮らしのはずなのに荷物が多かったり異性の生活用品が置いてあったりで、同棲はすぐに看破されてしまうでしょう。

ばれる

こっそり同棲しているとデメリットも

契約者以外で物件内に事故や過失が派生した場合、賠償責任が発生したり保険の適用が認められないことがあります。

火災や水災で恋人の荷物が使えなくなってしまった…そんなトラブルが発生した際に、保険の加入条件によっては契約者以外ということで補償されないなんてことも!

どうしてもこの部屋で同棲を続けたいなら

大家さんに相談してみる

もし大家さんとの関係が良好なものであれば、同棲を許してくれる場合もあります。

「他の部屋も同棲している様子である」「近所からの苦情がない」といった場合、2人入居を許可してくれる可能性が高くなります。

でもあくまでも貸主と契約者との関係次第ですので、お約束できることではありません。

結婚と違い「どこからどこまで」とはっきり定義のできない同棲ではありますが、契約違反と言われない、安心できるお部屋に暮らしたいですね。

次では、同棲にかかる費用について考えます。

同棲を始める時にかかる費用は?

2人が別々の賃貸に暮らしているよりも、1つの物件で生活する同棲なら家賃も生活費も節約することができますね。

幸せいっぱいの同棲生活ですが、いざ始めるとなったらどのくらいの費用がかかるものなのでしょう?

室内

どちらか一方の住まいに移り住む場合

もともと入居しているお部屋で二人暮らしを始める場合、お部屋探しの手間がかかりませんが、そのお部屋は単身者専用とはなっていませんか?

同棲を始める前に、お部屋の契約内容について再確認しておくことをおすすめします。

新たに部屋を借りる場合

同棲に向けて新たにお部屋を探し、契約する場合はどの程度の費用がかかるのでしょうか?

・敷金

・礼金

・仲介手数料

・前家賃

・火災保険

そのほか、鍵交換代や共益費などが加わることがあります。

入居するお部屋の、家賃約5カ月分ほどの金額を準備しておけば入居にかかる初期費用は大丈夫でしょう。

初期費用をもっと抑えたければ、敷金や礼金が0円の物件や仲介手数料を安くしてくれる物件から絞り込んで探していく方法があります。

また、お部屋探しを始める前に2人でしっかり相談しておきたいのが、家賃と生活費の設定です。

同棲生活における月々の固定費のうち、家賃は1番大きな出費になります。初期費用のことだけではなく、のちのちの生活のことも考慮して家賃設定を高くしすぎないようにしましょう。

契約書

引越しの費用

引越し業者に頼む場合、距離や荷物の量で変わりますがだいたい5万円前後になるようです。

車の手配や自分たちでの荷物の運搬が可能であれば、業者に頼まずに引越しの費用を安く抑えることもできます。

また宅配便の集荷サービスは、段ボールに詰めた荷物を自宅まで集荷に来てくれるのでとても便利。サイズや重さが配送可能であれば、ぜひ活用したいサービスです。

家具・家電を揃える

家具・家電にどの程度こだわるかはライフスタイルやカップルごとに異なるので、経費がいくらかかるのかということは一概に言うことができません。

どちらか一方の住まいに移り住む場合は一人暮らし用の家電・家具が揃っているはずなので、当面はそれを活用することができます。

同棲生活をするのに最低限必要な家具・家電としては、以下があります。

・寝具

・カーテン

・タオル

・洗濯機

・冷蔵庫

・電子レンジ

・炊飯器

・コンロ

・調理器具

・食器類

・テーブル

これらを一気に揃えるとなるとけっこうな出費になります。

少しでも出費を抑えたい場合は中古品・リサイクル品で探してみたり、実家や周囲の友人などに声をかけていらない家具・家電を譲ってもらうとよいでしょう。

最低限に必要なものをまずは準備しておき、2人で同棲生活をしていくうちに不便を感じるものや必要になってきたものからコツコツと買い揃えていくのも、同棲の楽しみ方かもしれませんよ。

相談

家賃+生活費の分担はしっかり相談しておこう

同棲の為のお部屋探しをするときには、2人の収入と出費の分担とを考えて家賃の予算を組んでおくことが大事です。

お金の話は生々しいですが、ここで曖昧にしておくとトラブルを招くことになってしまいます。

同棲を始める前に2人のルールをしっかり決めておき、そして互いに思いやりを持って暮らすこと、これが同棲に成功するコツです!

この記事のタイトルとURLをコピーする
  • faebook
  • ツイッター
  • グーグル+
  • bookmark
  • ポケット

記事一覧へ戻る

Related article関連記事