暮らし

茨城県つくば市は魅力が多くて移住希望者が殺到する日も近い!?

茨城県つくば市の魅力

  • faebook
  • ツイッター
解体の窓口
タグ:

茨城県南部に位置する、「つくば市」

東京からの移住者が増えていると、最近注目を浴びている都市を知っていますか?

茨城県南部に位置する、「つくば市」です。

日本の首都であり利便性の高い東京から、わざわざどうしてつくば市へと生活環境を移すのでしょうか?

その理由を探ってみました。

つくばへ移住すると豊かな自然あり!

つくばには、豊かな自然あり!

まずわかりやすい点から述べると、自然豊かな優しい環境が身近に感じられるからです。

公園が多く、街のどこにいても木々や花に触れることができます。

車などで少し遠出をすれば田園が広がり、鳥や昆虫に出会えるようですよ。

子ども達は都会では見ることができず、テレビや本で学んでいた自然環境を、つくばに行くと実体験することができるのです。

幼い時代を過ごした、田舎の風景を思い出す親世代の方もいるのではないでしょうか。

教育熱心!「科学の街」つくばへ移住しよう

教育熱心!「科学の街」つくば

そして何といっても、筑波研究学園都市に象徴される、教育熱心な地域であることが挙げられます。

つくば市内には300以上の研究機関が施設を構え、優秀な頭脳の持ち主が集まり日々研究を重ねています。

宇宙航空研究開発機構、エネルギー研究機構、産業技術総合研究所に代表される多数の研究機関があり、その多くは展示室や見学コースを準備しています。

子ども達を始め興味を持つ人々の入場を受け入れていますから、日本をいや世界を先導する研究概要を知る事ができ、その環境が地域全体の知的水準の上昇につながります。

子どもの教育に熱心な親と、応えようと努める子ども達がつくばには集まるようになる訳ですね。

海外からの研究者の家族を受け入れるための、インターナショナルスクールも設立されており、自然に恵まれた環境と国際視野のカリキュラムで注目されています。

1985年に開催された「国際科学技術博覧会(通称:つくば博)」、や「筑波大学」という名称でつくば市をご存知の方も多いと思われますが、とにかくつくばは科学の街で、その名に相応しい設備、そして人材が揃っているのです。

育った子ども達は「科学が身近にある」のです。

そして首都圏に比較すると、教育にかかる費用が安いとされています。

子どもの教育に力を入れたい層は、「つくばに住む」ことを視野に入れても良さそうですね。

東京から45分!アクセスも住環境も整うつくば

アクセスも住環境も整うつくば

近年つくばが脚光を浴びているのは、2005年の「首都圏新都市鉄道つくばエクスプレス」の開通が大きなきっかけと言えるでしょう。

都内・秋葉原を始点に、終点のつくばまで最速45分で結ぶ鉄道です。

片道の移動が1時間かからないとなれば、東京までの毎日の通勤も難しくありません。

この鉄道の駅周辺には大型商業施設はもちろん、マンションや一戸建て住宅が立ち並び、移住者を受け入れる環境が整えられました。

あとは自身の仕事や家族の状況を把握して整理をつければ、つくばへの移住は難しくないのです。

解体の窓口

まとめ

茨城県つくば市

豊かな自然に恵まれ、理想的な子育て環境や住環境があり、また都心へのアクセスも便利な茨城県つくば市

移住者が増えているという事実に納得ですね。

この記事のタイトルとURLをコピーする
  • faebook
  • ツイッター

記事一覧へ戻る

Related article関連記事

New article 新着記事