暮らし

そろそろ大掃除の時期。掃除代行業者はお得なの!?【暮らしに関する気になる事】

  • faebook
  • ツイッター
解体の窓口
タグ:

部屋をキレイに、スッキリ気分で迎えたい新年
出典:http://www.somewhatsimple.com

夏が終わって秋シーズン。

2015年の残りが2カ月と少しということで、のんびりしていたらスグに、年末を迎えてしまいそうです。

お正月の準備に休暇の旅行計画や里帰り、みなさんそれぞれ年の終わりと始まりのイメージがあるかと思いますが、「部屋掃除して片付けもして、スッキリ気分で新年を過ごしたい」という方は多いのではないでしょうか。

そうです!年末の大掃除について考えてみましょう。

年に一度の大掃除!どんな風にやっている?

自分の掃除・片付け方法を振り返ってみる
出典:http://www.chistyidvor.ru

師走になった頃、「大掃除をしなきゃ!」と意識される方は少なくないと思います。

今日はリビングの片付けや清掃をがんばろうと、部屋ごとに分けて掃除を進める方。

もしくは窓拭きや網戸拭きをやったり、換気扇の油汚れを落としたりと、作業を決めて進める方。

方法は人それぞれです。

時間があれば日時と分担を決め、家族で手分けして小まめにお掃除活動に取り掛かることが理想ではありますが、それがなかなか難しい。

では早めに業者に依頼し、掃除や片づけをお願いしてみませんか?

プロの手にかかると毎日過ごしている自宅の空間が、見違えるようなピカピカの美部屋へと変身する場合も珍しくないようです。

大掃除の時に利用したい掃除代行サービス、業者の選び方のコツ

家事代行、掃除代行の業者とは!?
出典:http://mycash.ua

家事をやってくれる業者とは!?

働く女性が増える傾向にある近年、家事は女性がやるものという考えは薄くなりつつあります。

そして家事の代行サービスを引き受ける業者が、ぐんと増えました。

業者にはきっと高い料金を取られるという先入観はありますが、年末の大掃除を頼めたらいいなという感覚で、情報を集めてみませんか。

時間と体力を消耗するのに加え、掃除用品の費用もかかりますから、自分で進める時もお金はかかり疲れを感じます。

費用効果を考えたら、掃除代行業者への依頼はありではないでしょうか。

掃除をやってくれる業者を探そう!

まずは掃除代行サービスと聞いた時に、思いつく社名などをインターネット検索し、概要をいろいろと調べてみるのはいかがでしょうか。

ほか「掃除代行」や「家事代行」、「片付け代行」など思い付くキーワードを入れて、検索するなど多くの情報を集めてみてください。

代行サービスの内容や費用の概算を、知ることができると思います。

それらの情報から良さそうな業者やサービスをピックアップし、数社にしぼって見積もりを依頼します。

自宅に来てもらって見積もってもらうと実際の料金に近い額がわかり安心ですが、まだ呼びたくない場合は電話で構いません。

間取りや依頼したい作業について電話で伝えると、概算を出してくれるはずですし、電話対応時の誠意のある無しが伝わってきますよね。

しっかりとした受け答えで親身になってくれる業者を、依頼候補にするのはありですね。

口コミや近所の評判も大切!

あとは、口コミをチェックするもの重要なポイントです。

専用のサイトがありますので、清掃や大掃除代行関連について何か述べられていないか、チェックしましょう。

そしてご近所の住人や友人知人の評判を聞くことも、重要です。

大手清掃会社やサービス業よりも、地域密着型の会社の方が良心的なサービスに努めてくれるケースは少なくありません。

身近な人に「掃除の代行を頼みたいんだけど……」と、相談してみましょう。

思わぬところから、情報が集まるかもしれませんよ。

まとめ

年末の大掃除、家族でやる?業者に頼む?
出典:http://ko.rio.ua

「年末の大掃除」をキーワードに、自分と家族で進めるのか代行業者に頼むのか、費用や時間について考え実践してください。

代行業者に依頼する場合は、早い方が良いですよ。

希望の日時でお願いできる可能性が高く、また早期割引などのサービスをつけてくれる業者があるかもしれません。

また、年末に掃除して片付けるといった固定観念は捨て、思い切って他人と違う方法で部屋の掃除を考えても良いかもしれませんね。

例えば年末にやるのではなく、年明けもしくは春でも夏でも、家族の都合に合わせるといったパターンです。

年の終わりが近付くにつれて、自宅の掃除や片付けについて考えてみてください。

この記事のタイトルとURLをコピーする
  • faebook
  • ツイッター

記事一覧へ戻る

Related article関連記事

New article 新着記事