暮らし

北九州市でレトロを観光しよう!【九州の玄関口、北九州市】

北九州市

  • faebook
  • ツイッター
解体の窓口
タグ:

九州の最北端に位置する、九州の玄関口である北九州市。

北は本州の下関市、南は県庁所在地の福岡市にすぐアクセスでき、海上・陸上ともに交通の要衝として古くから発展してきました。

小倉城といった見どころや絶品グルメも豊富な北九州市、今回は「レトロを楽しむ」をテーマに北九州市の魅力をご紹介します。

北九州の観光ポイント「北九州市の世界遺産を見る」

八幡製鉄所
出典:http://m.worldkorean.net

「明治日本の産業革命遺産 製鉄・製鋼、造船、石炭産業」が世界遺産に登録され、北九州市にある「官営八幡製鐵所関連施設」もその遺産郡に含まれています。

関連施設は製鐵所の構内にあることから一般には非公開ですが、旧本事務所は外から眺めることのできる眺望スペースが設けられています。

また、構内に入ることのできる関連施設見学のできる観光バスツアーが組まれていることもあるので、HPなどから現在開催されていないか確認してみましょう!

北九州の観光ポイント「門司地区でノスタルジックを体感する」

門司地区

出典:http://teniwoha-plus.jp

レトロな港町として有名な門司港。

駅舎が重要文化財に指定されている門司港駅の周辺は大正レトロ調に整備され、多くの観光客で賑わっています。

レトロ地区と海峡を結ぶ観光列車「潮風号」で海岸線の景色を楽しんだり、多くの商業施設・文化施設の揃う「門司港レトロ」で大正浪漫を体感させてくれる建物を巡り、ゆっくり散策するのもよいでしょう。

ところどころに置かれている観光マップを片手に歩くのもおすすめですよ。

そして、見逃せないのが夜のライトアップショー「門司港レトロ・ナトファンタジー」です。華麗なライトが、レトロな建物たちをさらに幻想的に彩ります。

北九州の観光ポイント「どこか懐かしい商店街で舌鼓」

商店街
出典:http://www.aisle-jp.co.jp

JR小倉駅から10分ほど歩くと、「北九州の台所」と呼ばれる活気溢れる旦過市場があります。

そしてその向かいには日本初のアーケード街である魚町銀天街が立地し、この一帯は買い物客や観光客で日々賑わっています。

アーケードの中なので、生憎の雨の日でも問題ナシ!

旦過市場でぜひ体験していただきたいのが「大學丼」です。

大學丼
出典:http://www.daigakudo.net

ご飯の盛られたどんぶり片手に市場の店をまわり、自分の好きな具を盛り付けて食べるという、旦過市場の食材をまるごと味わうことのできるメニューなんです。

市場の人との交流も楽しみつつ、新鮮で美味しい自分好みの丼を作ることができるなんで最高ですね!

お酒が好きな方におすすめなのは「角打ち」です。

つまり「立ち飲み」のことですが、旦過市場では居酒屋のカウンターのお手軽な角打ちもあれば、昔ながらの酒屋さんでの角打ちもあります。

朝や昼からお酒飲めるお店もあるので、ぜひ旦過市場で風情ある角打ちを体験してみてはいかがでしょう?

まだまだご紹介しきれない魅力がたくさんある北九州市。

世界遺産から角打ちまで、今回ご紹介したモデルコースをぜひ体感してみてください!

どこか懐かしさを残す、レトロな原風景を北九州市でのんびり小旅行をしませんか?

この記事のタイトルとURLをコピーする
  • faebook
  • ツイッター

記事一覧へ戻る

Related article関連記事

New article 新着記事