住まいのノウハウ

年末の大掃除を簡単に!~大掃除を簡単にするコツとは~

掃除

  • faebook
  • ツイッター
解体の窓口
タグ:

今年もあと少し!早すぎるっ!

今年やりたかったあんなことやこんなこと、まだ手も付けていない!

とくに早くから少しずつ始めておきたいのが年末にむけた大掃除。

今回は簡単にお部屋をキレイにできる、大掃除のコツをご紹介いたします。

掃除

大掃除を簡単にするテクニック・コツとは

<年末の大掃除、どこまでやればいい?>

「いよいよ今年もあと少し、さぁ張り切って大掃除しよう!」と意気込んではみたものの、「いったいどこまでお掃除すればいいの?」と悩むことってありませんか?

大掃除では、通常の掃除に加えて普段は手の行き届かない場所までお掃除することが必要です。

たとえば窓枠や照明の傘、換気扇など日常的に掃除できない箇所を意識的に掃除しましょう。

<大掃除をスムーズに進めるコツ>

掃除を始めようと思ったけど、その前に物の片付けだけで時間が過ぎてしまった…なんてことはよくあること。

これではスムーズに掃除が進みません。

大掃除を始める前にまず家の中を見回して、不要な物は処分し、できるだけ物を減らしておきましょう。

一年以上使っていない物は、これからも使わない可能性が高いので、思い切って処分するのがおすすめです。

リサイクルショップやオークションサイトで売れるものは売る、売れない物は処分と割り切りましょう。

物を減らして、ある程度スッキリした状態にしてから大掃除を始めることが重要です。

<お掃除リストを作って、効率よく大掃除!>

お掃除リストを作って、効率よく大掃除!

無計画に掃除を始めると、「あそこも気になる、ここも汚れが…」といった具合にどんどん掃除しなければならない場所が出てきてしまい、結果的にどこも中途半端になってしまうもの。

お掃除チェックリストを事前に作成してから始めると、スムーズに進みます。

チェックリストを作成するコツは、掃除内容を具体的に書くこと。

「お風呂場」「キッチン」など大まかな項目では、いざ始めようとしたときにどこから手をつけていいか分からず時間がかかってしまいます。

たとえば、キッチンだったら「換気扇のフィルター」「ガスコンロ」など具体的に決めておくことで、効率よく掃除をすすめられ、普段は手が届かない大事な個所も確実に済ませることができます。

チェックリストは手書きでもスマホのメモでも、自分が分かりやすければなんでも構いません。

また実行する日付や、分担する場合は誰がおこなうのかなども書いておきましょう。

油汚れが気になるキッチンや換気扇、お風呂のカビ落としなどの手間が掛かる作業は早めに実行する日を決め、12月前から計画的に済ませておくと良いでしょう。

年末には簡単な掃除だけで済みますよ。

チェックリストは高効率なだけではなく、リストを潰していくことで、達成感も得られてやる気も湧くのでとてもお勧めです。

お掃除アドバイス

お掃除をする順番は、「高いところから低いところ」、「奥から手前」が基本です。

「せっかく床をキレイにしたのに棚のホコリを掃除したらまた床が汚れてしまった」なんて二度手間なことにならないようにこの基本ルールは守りましょう。

また、掃除が苦手な方は早く済むような狭いところをはじめに掃除することで、自分のモチベーションを上げることができますよ。

毎日時間を決めてスタートし、時間通りに終了しましょう。

「汚れが落ちるまでする」のではなく、時間が来たら終了すること。

完璧を目指し過ぎるのも失敗のもと。

汚れが十分に落ちなかったところは「最後に時間が余ったらまとめてお掃除すればいい」くらいの気持ちで進めましょう。

また、張り切って取り掛かったものの、掃除道具がなくてやる気がそがれた…なんてことにならないように、掃除に必要な道具はあらかじめ揃えておきましょう。

簡単にお掃除を進めるコツさえ分かれば、今年の年末は慌てなくても大丈夫ですね!

掃除

まとめ

計画通りに大掃除が済めば、スッキリした気分で新年を迎えられますよ。

年末の大掃除、始めるのに早すぎることはありません。

さぁ、あなたも始めましょう!

お風呂場のカビ撃退法③:カビを予防する

カビが発生する前に予防をすることも大切です。

お風呂を使ったあとは、できるだけ水滴が残らないようにしましょう。

タオルなどで拭きとるのが理想的ですが、面倒くさい方はワイパー型のクリーナーでおおまかな水滴だけでもササっと取り除きましょう。

最後に、換気扇を回すか、窓がある場合はしばらく開けてお風呂場を乾燥させましょう。

また、定期的にくん煙剤などを使った市販のカビ予防グッズを利用すればカビの発生をさらに防ぐことができます。

イスやお風呂のふたなど、小物も一緒に入れたままカビ予防できるものを選ぶと便利ですよ。

まとめ

放置すると、ますます撃退しづらくなってしまう「カビ」。

お風呂場でカビを見つけたらすぐに掃除して、綺麗なお風呂場を保ちましょう!

カビが生えないよう、通気性を良くしてカビ予防することも忘れずに!

この記事のタイトルとURLをコピーする
  • faebook
  • ツイッター

記事一覧へ戻る

Related article関連記事

New article 新着記事