住まいのノウハウ

【今更聞けない!】"DK"と"LDK"の違い

間取り図を見て、DKとLDKの違いを確認!

  • faebook
  • ツイッター
  • bookmark
  • ポケット
解体の窓口
タグ:

「新しいお部屋に引越したい!」と住宅情報をチェックし物件をリサーチ中、もしくはこれから探したいと考えているみなさん。

場所、駅からの距離、周辺環境ほか、こだわりポイントは色々とありますが、「まず気になるのは間取り」と言う方が多いのではないでしょうか?

よく「2DK」や「2LDK」といった間取りの説明書きを見ますが、「DK」と「LDK」の違いをはっきりと区別できていますか?

「L」「D」「K」はどういう意味?

間取り情報のL、D、Kとは!?
出典:http://www.ixtendo.com

物件情報を見ていると、間取り欄に出てくるのが「L」「D」「K」といった文字。

「L」は居間=リビング、「D」は食堂=ダイニング、「K」は台所=キッチンを表しています。

なので「DK」と書かれている場合は、食堂と台所(ダイニング&キッチン)。

「LDK」は居間と食堂と台所(リビング&ダイニング&キッチン、という意味になります。

LDKはDKより居間部分が多い、つまり、その分部屋が広いことがイメージできますよね。

「DK」と「LDK」の明確な違い!

DK、LDKの違いを解説
出典:http://lolcabulary.com

では具体的に、どんな風に区別されているのでしょうか?

実は単純に面積のみで決まるのではなく、部屋の数も関わってくるのが不動産業界の常識。

一般の方達には分かりづらい現状があります。

不動産情報の広告に関する規約を決めているのは、「公益社団法人首都圏不動産公正取引協議会」という機関で、

「最低必要な広さ(畳数)の目安」として、DKの場合「居室(寝室)数1部屋で4.5畳、2部屋以上で6畳以上」が基準になっています。

LDKの場合は「居室(寝室)数1部屋で8畳、2部屋以上で10畳以上」です。

※平成23年11月28日付けで承認された内容です。

間取りを見ると……

畳の数で部屋の広さの目安を表示
出典:http://www.iseecubed.com

上記のように「DK」と「LDK」は、畳の数で広さの目安が表示されています。

つまり居室(寝室)数が1部屋ですと、「キッチン部屋が4.5畳から8畳未満が1DK」、「キッチン部屋が8畳以上ある場合、1LDK」となる訳です。

居室(寝室)数が2部屋となると、「キッチン部屋が6畳未満が2DK」、「キッチン部屋が10畳以上ある場合、2LDK」です。

解体の窓口

まとめ


出典:http://holzmaninteriors.com

「DK」と「LDK」の違いについて、みなさん理解できましたでしょうか?

間取り情報で目にしていても、知らなかった方が意外に多い内容なのかもしれません。

居室(寝室)数を把握し、キッチン部屋の広さで定められる間取りの基準だったのです。

小さめの部屋が多い日本の住宅環境に於いては、食堂と台所を明確に区別する空間がないケースがほとんどのため、DKとLDKという間取りが出来たとされています。

「DK」より広めの「LDK」は需要が高いため、高めの家賃が設定されていますが、「広さが同じの2LDKと3DKで家賃が違うパターンが少なくない」という専門家の声もあります。

間取り図を見る時、「DK」「LDK」という文字のみを注目するのではなく、部屋の面積や詳細をじっくり見て、理想のお部屋を探してください。

この記事のタイトルとURLをコピーする
  • faebook
  • ツイッター
  • bookmark
  • ポケット

記事一覧へ戻る

Related article関連記事

New article 新着記事