住まいのノウハウ

不動産に関する「4つ」の雑学を知ればちょっと得する!

賃貸マンション

  • faebook
  • ツイッター
  • bookmark
  • ポケット
タグ:

知ってるようで知らないことがいっぱい!それが、賃貸住宅です。

実は知っておくだけで、賃貸住宅を探すときに役立つ情報が、いくつもあります。

ちょっと得をしたいと思うなら、この雑学を知っておいて損はありません。

今回は、そんな賃貸住宅に関する「4つ」の雑学をご紹介します。

不動産雑学その1.徒歩1分の距離は全国で共通

ハイヒールで歩く
出典:http://stylecaster.com

住まい探しをしているときに、よく見かけるのが「●●まで徒歩●分」といった表示です。

徒歩●分とは言っても、実際にどれくらいの距離なのか、イメージしにくいのではないでしょうか?

実は、所要時間で使われる「徒歩」という単位は、全国で共通で

 徒歩1分 = 80メートル 

です。

この80メートルという基準は、健康な女性が「ハイヒールを履いて歩いた時」の基準が採用されています。

不動産雑学その2.アパートとマンションの違いはない

賃貸マンション

あまり知られていませんが、アパートとマンションには、明確な違いはありません。

不動産の広告を出す担当者が、アパートと思えばアパート、マンションと思えばマンションなのです。

強いて言うなら、

 鉄筋コンクリートの物件 → マンション

 その他の物件 → アパート

 エレベーターありの物件 → マンション

 エレベーターなしの物件 → アパート

と、区別している担当者もいるようです。

不動産雑学その3.家賃交渉しやすい時期がある

家賃交渉

1~3月は、引っ越しシーズンと言われています。

この時期は条件の良い物件が次々と出てきますが、シーズンということもあり、人が集中しています。

そのため、条件の良い物件すぐに入居者が決まってしまうのもの。

時期にこだわらないのであれば、引っ越しシーズンの終わった「4月」が狙い目です。

4月という時期は、シーズンが終わったのに入居者が決まらなかったお部屋が出てきます。

部屋が埋まらないと、大家さんも不動産屋さんも焦っているので、家賃交渉をするにはうってつけの時期なのです。

不動産雑学その4.住人の質はゴミ捨て場で分かる

ゴミ捨て場

引っ越しをするなら、近隣トラブルの無い賃貸住宅を選びたいもの。

そのときに、重視するのが住人の質です。

住人の質を判断するためには、物件を下見するときがチャンス!

ゴミ捨て場のチェックを欠かさないこと。

ゴミ捨て場というのは、その住宅に住んでいる人の質が、一目で分かる場所です。

ゴミ捨て場が汚れていたり、時間が守られたりしていないなら、住人のモラルは低いと思っていいでしょう。

まとめ

いかがでしたか?

賃貸住宅を探すのであれば、きっと役立つ情報です。

今回は4つの雑学をご紹介しましたが、賃貸住宅にはまだまだたくさんの雑学があります。

住まい探しで損をしないためには、しっかりと賃貸住宅について理解することも大切ですよ。

この記事のタイトルとURLをコピーする
  • faebook
  • ツイッター
  • bookmark
  • ポケット

記事一覧へ戻る

campaign201909

Related article関連記事

New article 新着記事