暮らし

【大丈夫だろうは危険!】電子レンジで温められない容器とは?

電子レンジ

  • faebook
  • ツイッター
  • bookmark
  • ポケット
解体の窓口
タグ:

レトルト商品やコンビニで売られているお惣菜は、手軽に美味しい食事ができて便利ですよね!

とくに1人暮らしだと、自炊を妥協してしまって冷凍食品などを買う人も多いのではないでしょうか?

その時、料理を温めるのに大活躍するのが、電子レンジです。

電子レンジは住まいの必須家電製品ですが、何でもレンジに入れていいというわけではなさそうです。

今回は、知っておきたい「電子レンジで加熱できない容器」を紹介します。

電子レンジのちょっとした豆知識

電子レンジは、電磁波(マイクロ波)が水分子にあたって振動させることで熱を出します。

食材は水分をよく含んでいるので温まりますが、水分を含む容器は使えません。

容器を温めたいわけではないので、水分が含まれているものは危険なのです!

電子レンジで加熱NGな容器

電子レンジで加熱していけない容器は、私たちの身の回りにたくさんあります。

もしかしたら、私たちも普通に温めているかもしれません!

<紙で作られた紙容器>

紙で作られた紙容器

紙容器は湿気などで、多少の水分が含まれています。

そのため、電子レンジ対応ではないものもあります。

紙に水分が含まれていると、発火し、燃える危険性があるのです!

しかし、最近ではコンビニ商品にも紙容器が使われていることもあります。

そのまま電子レンジで温めてしまうと、発火して燃えてしまうおそれがあるので注意しましょう。

<ペットボトル容器>

ペットボトル容器

ペットボトルの容器は、プラスチックから作られます。

しかしながら、基本的にプラスチックは電子レンジ用に作られていません。

そのまま温めてしまうと、ペットボトル容器が変形する可能性があるほか、破裂することもあります。

電子レンジで温める場合は、「電子レンジ対応の容器」かどうかを確かめましょう。

<木製の容器>

木製の容器

実は意外と知られていませんが、木製の容器も水分を含むので使えません。

電子レンジでチンしてしまうと、容器にヒビが入ったり焦げてしまうことがあります。

<発泡スチロール>

発泡スチロール

発泡スチロールは、魚や肉が入っているものがほとんどですね。

そのため、つい温めようとしがちですが、実は発泡スチロールは基本的に電子レンジに対応していません!

マイクロ波があたって溶けた場合、よくない化学物質が食品に付着するおそれがあるので注意しましょう。

<アルミホイル>

アルミホイル

アルミホイルは、食材を包んで急速冷凍できたりホイル焼きにしたりなど、キッチンでよく活躍してくれます。

また、お弁当でよく使われているアルミカップも、アルミホイルと同じものですよね。

しかし、便利なアルミホイルも電子レンジのマイクロ波によって、電磁波が反射して故障してしまうおそれがあります。

ひどい時は熱が生じて火花が飛び散ることも…!?

<ラップ>

ラップ

ラップを電子レンジで温める人をよく見ますが、耐熱でないラップもなかにはあります。

十分にチェックしてから、温めるようにしましょう。

または、ラップを取り除いて温めるようにしてください!

まとめ

今回、意外と知らない電子レンジで温め不可な容器をお伝えしました。

紙容器や発泡スチロールなど、皆さんも電子レンジで温めたことがあるものばかりだったのではないでしょうか。

これらの容器を温めてしまうと、電子レンジのなかで容器が破裂する場合もあります。

また最悪、爆発して火事になることもありえるかもしれません。

温める前には、確認が必要です。

さらに、汚れた電子レンジにも注意しましょう。

汚れたまま使用していると、乾燥して発火してしまうこともあります。

普段から、こまめにお手入れをすることが大切ですね!

いえらぶでは、電子レンジや冷蔵庫などの家電や家具付きの物件がございます。

すぐに住める環境が整っているので、お部屋探し中の方におすすめです。

また、1人暮らし向け物件として、シングル用賃貸マンション・アパートの物件もご紹介しております。

お部屋探しはいえらぶで!

この記事のタイトルとURLをコピーする
  • faebook
  • ツイッター
  • bookmark
  • ポケット

記事一覧へ戻る

Related article関連記事

New article 新着記事