住まいのノウハウ

引越し料金を安くしたい!実話から学ぶ3ステップ

引越し

  • faebook
  • ツイッター
  • bookmark
  • ポケット
解体の窓口

桜も散り終わり、年度も変わって新生活は皆さんいかがお過ごしですか。お花見や会社の歓迎会、大学でも新入生の歓迎会もあり、一気にお金を使い果たした人もいらっしゃると思います。ちなみに私は、丁度2年前の4月に引越しが決まって、慌ただしく準備をはじめたのを覚えています。そこで今回は、急に引越しが決まって時間もお金もない場面に備えて、引っ越し料金を安くする方法をご紹介します。

ステップ1.引越し料金を安くしたいなら、はじめに相場を調べよう

引越し料金の相場

世の中便利になったもので、最近はインターネットで様々な料金の見積もりができちゃいます。保険の料金から車や不動産の売却価格、中には同人誌の印刷見積もりなんかもあるみたいです。

というわけで、引越し料金の見積もりができるサイトもネット上には溢れていますので、一人暮らしや家族での引越し、関西から東京へ、はたまた近隣での移動など各自の条件に合わせていくつか見積もってみましょう。そうすると、おおよその相場感が見えてきます。

ステップ2.引越し料金を安くしたいなら、口コミサイトで引越し会社の名前を覚えよう。

口コミを調べる

質がいい会社をみつける

様々な見積もりがインターネットでできるのと同様、現在はあらゆるサービス業者の口コミをネットで確認することができるようになりました。引越しサービスを提供する、各運送業者の口コミももちろん確認することができます。

ただし全ての情報が正しいとは限らないので、あくまで参考程度に確認しましょう。その際、どの引越し会社が一番評判が良いのか、というのは中々判断できませんが、どの口コミサイトでも名前が挙がってる会社だけは覚えておきましょう。ある程度サービスの質が良い可能性が高いためです。

ステップ3.引越し料金を安くしたいなら、引越し会社は複数社呼ぶのが基本

複数見積りで値下げ交渉

引越し会社を呼ぶ

ある程度の相場感と引越し会社を把握できたら、早速それらの会社に連絡をして、見積もりを依頼しましょう。電話で済む場合もありますし、実際に家に来て見積もりをしてもらう場合もあります。

2社目がきたら、1社目が出した見積もり金額を伝えましょう。それより安くしてもらえる場合があります。3社名がきた時も、1社目、2社目の見積もり金額を伝えましょう。このように複数の会社見積もりを依頼することで、お互いに値下げをしてもらえる可能性があります。

解体の窓口

【裏技】引越し料金を安くする方法。時間がない時はハッタリもあり


とはいえ、複数の会社を呼んで見積もりをしてもらうのは時間と手間がかかります。急ぎで決めて手続きを進めたい場合は、1社だけ呼んで、「さっき見積もりしてもらった会社は○○円でした」とハッタリをかましましょう。

相場感から大きくズレてなければ、その金額をベースに、それ以下の金額を提示してくれる場合があります。私はこれで時間とお金を節約しました。

貴重なお金と時間、引越し料金はできるだけ抑えて引越ししよう


引越しの際はお金も時間もないことがほとんど。だからこそ、引越し会社さんに迷惑をかけない範囲で賢く引越しできる工夫をしてみませんか。
ここに挙げたのは一例です。皆さんの引越しとその先の新生活がうまくいきますように。

この記事のタイトルとURLをコピーする
  • faebook
  • ツイッター
  • bookmark
  • ポケット

記事一覧へ戻る

Related article関連記事

New article 新着記事