不動産ニュース

電力自由化のメリットを大紹介!

電力自由化のメリットとは

  • faebook
  • ツイッター
解体の窓口

3月25日、福岡県みやま市は自治体として初めて、2016年の電力小売全面自由化後に一般市民(低圧重要家)への販売事業を正式に表明しました。

そもそも電力自由化したら何が変わるの?

2016年4月に電力自由化が予定されており、これが実施されると私たちは、自由に電力会社を選び、電気を購入できるようになります。この電力自由化に向けて、前述のみやま市などの自治体をはじめ、民間業者なども続々と電力販売への参入を発表しています。
そもそも電力会社を選ぶなんて考えたことがない方がほとんどだと思いますので、ここでは電力会社を選ぶとはどういうことなのかを見ていきます。

例えば料金プランが安かったり

料金プラン

事業者の中には今後、利益をメンバーで折半する企業形態が出てくるかもしれません。事実自治体が主導で行うことにより、利益目的だけではない事業者の参入が予想されます。そのため、大変安い料金プランでの供給者が出てくれば、これまでの契約より格段に安い価格で電力を購入することが可能になります。

例えば顧客サービスが抜群に良かったり

カスタマーサービス

普段の生活において電力事業者との接点はどのくらいあるでしょうか。私はほとんどありません。そもそもどこに連絡を取っていいかもわかりません。しかし今後は、消費者の見やすいサイトやきめ細やかなサポート、応対などカスタマーサポートを重視した事業者が参入し、サービスの内容を比較しながら電力会社を選ぶことも可能になります。

解体の窓口

例えば自然エネルギーを重視できたり

自然エネルギー

発電技術の進歩や環境問題を背景として、近年自然エネルギー(再生可能エネルギー)への注目が集まってきています。その中で今後、再生可能エネルギーを取り入れ、環境への影響を配慮したプランを提供する事業者の増加が予想されます。多少料金が高くとも、地球に優しい、環境に優しい電力消費という選択が、電力の購入においても可能になっていきます。

電力消費を自ら見極め、自ら選択する時代へ

こう書くと大袈裟かもしれませんが、自分の家でどの電力会社から、どのプランで電力を購入していくのか。携帯電話の契約プランのように、自らのライフスタイルに合わせて電力購入の選択をする時代がもう始まろうとしています。

モノやサービスの消費においては当たり前の、料金や顧客対応、環境への配慮といった選択が、電気料金のプランにも出てこようとしています。さらにこれから、どんな電力会社やサービスが出てくるのか注目が必要です。

いい家選ぶ、いえらぶ
▼あなたはどんな「いい家」に住みたいですか?

いえらぶでは物件や不動産会社の口コミを見て比較できます

よりクリアな情報から、あなたにぴったりの

いい家を選んでみませんか?

「いい家」を探す

この記事のタイトルとURLをコピーする
  • faebook
  • ツイッター

記事一覧へ戻る

Related article関連記事

New article 新着記事