栃木県の二人暮らし向きの賃貸物件を探す

恋人、兄弟(姉妹)、友人と一緒に住むのに適した物件を集めました

彼氏(彼女)と一緒に暮らしたい、兄弟(姉妹)で暮らせる部屋を見つけたい、友人とルームシェアしたいなど、二人暮らしにぴったりな間取りのお部屋を集めました。二人で住めば楽しいだけでなく、家賃や食費、光熱費などの日々かかる出費も抑えられます。快適な二人暮らしをはじめましょう。

いえらぶPRキャラクター
後藤真希

その他のこだわり特集

賃貸物件の特集一覧
.

栃木県の家賃相場

栃木県の家賃相場一覧
ワンルーム1K / 1DK / 1LDK2K / 2DK / 2LDK3K / 3DK / 3LDK
宇都宮市5.7万円6.1万円6.4万円7.8万円
足利市3.2万円4.2万円4.9万円5.8万円
栃木市4.8万円4.7万円5.4万円6.4万円
佐野市4.3万円4.2万円5.3万円4.6万円
鹿沼市-4.8万円5.6万円-
日光市-4.8万円3.7万円-
小山市6.3万円4.7万円5.3万円5.9万円
真岡市-4.6万円5.1万円3.8万円
大田原市-2.8万円--
矢板市-3.9万円2.6万円-
那須塩原市-4.5万円3.9万円3.1万円
さくら市5.4万円4.7万円4.9万円-
那須烏山市----
下野市4.4万円5.3万円5.3万円5.2万円
河内郡上三川町----
芳賀郡益子町-3.5万円1.9万円-
芳賀郡茂木町--5.5万円-
芳賀郡市貝町----
芳賀郡芳賀町----
下都賀郡壬生町4.1万円4.6万円4.4万円5.4万円
下都賀郡野木町-5.2万円5.1万円4.5万円
塩谷郡塩谷町----
塩谷郡高根沢町5.6万円4.2万円5.3万円4.1万円
那須郡那須町---11.0万円
那須郡那珂川町----

このデータは駅徒歩15分以内の賃貸物件を元に独自のロジックで算出しています。最終更新日:2022年7月1日(毎月1日更新)

栃木県の賃貸物件事情を知ろう

栃木県といえばなんといっても四季折々の自然と都会が上手く共存している環境です。季節ごとに楽しめる観光地をはじめ、アウトドアや各市町村にある温泉など、楽しめる場所が満載です。栃木県では急激なスピードで少子高齢化が進んでいることもあり、三世代同居等世帯が減少する一方、一人暮らしも増えてきており、一世帯当たりの住宅数も増加していますが、空家数も増加しています。しかしUターンにより空き家も注目され田舎暮らしを望む世代も増えています。群馬県に隣接する足利市や塩原温泉などの観光地にも多くの賃貸物件があります。栃木県では老朽化による建て替えで、アパートやマンションなどの賃貸物件も増えてきており、県庁所在地である宇都宮市や足利市を中心に分譲マンションも人気です。

栃木県の賃貸物件に住むメリットは?

栃木県の賃貸物件に住む最大のメリットはなんといっても四季折々の自然と都会が上手く共存している環境です。栃木県では関東地方北部の内陸部に位置する事から、季節ごとに楽しめる観光地をはじめ、アウトドアや各市町村にある温泉など楽しめる場所が満載です。栃木県は県央、県北、県南の3つの地域に分かれています。県央には県庁所在地の宇都宮市があることから、一人暮らし向けやカップル・新婚さん向けの賃貸物件が多いのですが、宇都宮市にはファミリー向けの賃貸物件も豊富にあるのも特徴です。また人口の多い小山市は東京都心への通勤圏内ということもあり、ファミリー向け賃貸物件や最近では高級マンションも増えてきています。群馬県に隣接する自然の多い観光地にも多くの賃貸物件があります。

栃木県の生活環境は?

栃木県は太平洋側気候に属し、温暖湿潤気候に分類され年間を通し東京と仙台のちょうど中間値程度の気温になります。北西部の山地は自然環境が豊かで、国立公園も指定されています。中央部には関東平野が広がり、首都圏に近いこともあり工業も発達しています。県庁所在地である宇都宮市は北関東3県の中でも人口が最大で、中核市を中心とする都市圏としては日本国内最大規模となっています。また日常生活に必須のスーパーマーケットやチェーン店、商業施設等は宇都宮市が中心であり、深夜まで営業する飲食店は比較的少ない県でもあります。 自家用乗用の世帯普及代数の1世帯あたりの保有台数が2位であり、少子高齢化進む中、栃木県は全国有数の車社会でもあります。

栃木県の歴史を感じることのできる賃貸物件

栃木県は日光国立公園をはじめとし、歴史・文化・自然、多彩な観光スポットが点在している魅力的な県だといえます。世界遺産や国宝もあり歴史や日本の伝統を感じる県です。また、鬼怒川温泉といった温泉の豊富さも特色のひとつで沢山の人が癒しを求めて訪れています。それだけではなくテーマパークも多々あり、家族連れにも人気のスポットと言えるでしょう。甘くて大きないちごや湯葉が特産品として有名であり、県庁所在地の宇都宮では餃子が大きくアピールされています。
県の南部については、首都圏通勤者のベッドタウンとしての色合いを持っています。それ以外は、県内人口の約25%を宇都宮市が占めています。多彩な生活スタイルが共存しているのが栃木県の特色といえます。場所によっては野生の猿が見られるかもしれませんね!自然の中で暮らしたい、便利な都市部で暮らしたい、それぞれに条件はあると思いますが、是非自分に合った賃貸物件を探してみて下さい。

栃木県の市区町村から探す

栃木県の路線から探す

隣接した都道府県から探す

他の種別から探す

読み込み中