茨城県のフリーレント賃貸物件を探す

一定期間家賃が無料!フリーレント付きのお得な物件を紹介します

フリーレントとは、入居後の1カ月~3ヶ月程度の家賃を無料とする契約形態で、長いものだと6カ月間が無料という物件もあるようです。ただし、無料期間だけ住んで期間が終了したら退去というようなことはできないような契約も多いため、注意が必要です。初期費用をなるべく減らしたいとお考えの方にはフリーレント付きの賃貸物件はオススメです。

その他のこだわり特集

賃貸物件の特集一覧
.

茨城県の家賃相場

茨城県の家賃相場一覧
ワンルーム1K / 1DK / 1LDK2K / 2DK / 2LDK3K / 3DK / 3LDK
水戸市3.7万円4.8万円5.6万円7.5万円
日立市4.0万円4.9万円5.3万円5.7万円
土浦市3.1万円5.3万円5.3万円6.4万円
古河市4.5万円5.0万円5.1万円5.3万円
石岡市2.6万円5.6万円5.7万円4.5万円
結城市-5.0万円5.8万円3.3万円
龍ケ崎市2.5万円4.4万円3.9万円4.5万円
下妻市-5.0万円4.6万円-
常総市-4.7万円4.7万円3.7万円
常陸太田市-5.1万円5.5万円4.5万円
高萩市-4.3万円4.9万円4.9万円
北茨城市-4.7万円4.9万円4.6万円
笠間市3.2万円3.7万円4.5万円2.8万円
取手市3.9万円4.4万円5.5万円4.6万円
牛久市5.2万円5.0万円5.8万円6.7万円
つくば市5.5万円6.9万円9.4万円14.5万円
ひたちなか市4.1万円5.0万円5.7万円6.0万円
鹿嶋市2.4万円4.6万円5.3万円6.0万円
潮来市-4.8万円5.3万円-
守谷市5.4万円6.7万円8.8万円11.7万円
常陸大宮市-5.0万円5.3万円3.3万円
那珂市-4.5万円5.0万円4.4万円
筑西市-5.0万円5.1万円-
坂東市--7.4万円-
稲敷市----
かすみがうら市-4.8万円5.0万円4.0万円
桜川市-4.7万円2.9万円-
神栖市--6.6万円-
行方市----
鉾田市-4.5万円--
つくばみらい市-6.3万円6.6万円-
小美玉市-4.4万円4.9万円-
東茨城郡茨城町----
東茨城郡大洗町6.5万円5.0万円--
東茨城郡城里町----
那珂郡東海村-5.6万円6.3万円5.9万円
久慈郡大子町----
稲敷郡美浦村-4.1万円4.8万円-
稲敷郡阿見町-4.5万円5.3万円3.8万円
稲敷郡河内町----
結城郡八千代町--6.2万円-
猿島郡五霞町----
猿島郡境町----
北相馬郡利根町----

このデータは駅徒歩15分以内の賃貸物件を元に独自のロジックで算出しています。最終更新日:2022年8月1日(毎月1日更新)

茨城県の賃貸物件事情を知ろう

茨城県はベットタウンとして機能するつくば市や、県庁所在地がある水戸市を中心に賃貸物件が豊富にあります。つくば市は教育機関があるため学生さん向け賃貸物件をはじめ、ファミリー向けの賃貸物件も揃っています。5分から8分間隔で電車が走り、また東京都内へもアクセスしやすいという点でも、東京の間取りよりも賃料が安い茨城県の賃貸物件は注目を浴びています。駅近物件は人気が集中していますが、郊外型ショッピングセンターも多い茨城県では二人に一人が車を保有しているという統計もあり、駐車場付賃貸物件も多いのが特徴です。シングルではつくば市の首都圏都市鉄道つくばエキスプレスの駅である「みどりの駅」が人気のエリアになり、またファミリーには小さいながらも中心市街でもある牛久駅周辺に人気が集まります。

茨城県の賃貸物件に住むメリットは?

茨城県の賃貸物件に住む最大のメリットは、空の玄関口である茨城空港へのアクセスのため、東京方面をはじめ近隣の各方面から便利な連絡バスが運行する環境があります。またつくばエクスプレスの開通により東京都内へ通勤通学も便利なため、人口の三分の一が南部に集中しています。太平洋沿岸部に工業地が広がり、沿岸部以外には企業や研究機関などが集中しています。県庁所在地の水戸市は鉄道路線や道路をはじめ、関東方面や東北方面への交通の要衝となっています。水戸市の駅を中心に一人暮らし向けやカップル・新婚さん向けの賃貸物件が多いことも特徴です。つくばエクスプレスの開通で首都圏への利便性が高いことから、停車する駅周辺の人口も増加しており、つくば駅や研究学園駅やみどりの駅周辺も人気エリアです。

茨城県の生活環境は?

茨城県の人口密度は香川県に次ぐ、全国で第12位、面積は全国で24位の関東地方の北東に位置し、政令指定都市を持たない県では最も人口が多い県です。人口が分散しており、人口の30万以上の都市は存在していません。県庁所在地は茨城県の中部に位置する水戸市、茨木県の名称は県庁が茨城郡水戸に置かれたことに由来しています。県北部は工業化が進むほか、緑豊かな地域を形成し、県中央部は県庁が所在する水戸市を中心に茨城空港があります。県南部は学園都市や鉄道の整備で東京特別区のベットタウンとしても機能しています。関東地方1都6県では唯一、JRを除く大手民鉄会社の路線が無いのも特徴ですが、茨城空港があるため各方面からの便利な連絡バスなどが多数運行している利便性もあります。

茨城県の交通の便も良い賃貸物件

2005年にはつくばエクスプレス、2010年には茨城空港など鉄道や空港が開業され注目されている茨城県。2005年のつくばエクスプレス、2010年の茨城空港など近年の鉄道や空便の開業トピックスが目白押しの茨城県。自家車で通勤・通学する人が6割を超え、買い物も郊外型のショッピング施設に車を利用して行く人が多い傾向にあります。県南部は、東京都や千葉県と交通の便が良いため、東京都心へ電車で通うビジネスパーソンのベッドタウンにもなっています。こういった地域とは異なり、他の地域では、総じて農業が盛んであるといえます。
また、茨城県水戸、と聞けば、納豆を思い浮かべる人も多いのではないでしょうか?メロンの生産量も全国1位です。笠間焼、結城紬などといった工芸品も有名です。
都心で働く人も、ベットタウンとして茨城県の賃貸物件を検討してみてはいかがでしょうか。

茨城県の市区町村から探す

茨城県の路線から探す

隣接した都道府県から探す

読み込み中