無料転職電話サポート

不動産・建築業界の求人/転職のいえらぶ不動産転職 > 条件・特徴から探す > 賃貸仲介の求人/転職情報 > 55ページ目

自分に合った求人がきっと見つかる賃貸仲介の求人情報

最近では、【ルームアドバイザー】の呼称で呼ばれることも多い「賃貸仲介業」。売買仲介と比較すると、契約一件当たりの仲介手数料は多くはないものの、不動産業界の中でも未経験から挑戦できる職種として、不動産業界への転職を考えている人に人気です。当ページでは、この「賃貸仲介」に特化した求人情報を掲載しています。賃貸仲介の主な業務内容としては、①物件情報の収集と管理、②広告出稿、③集客と接客、④物件案内、⑤申し込み・契約手続きなどがあります。まず、不動産会社の中でも、仲介業務を主に行っている会社の商品は、「物件の情報」です。物件を貸したいと考えているオーナー様や物件の管理を行っている管理会社から情報を集め、その情報をExcelやクラウドシステムなどに入力して管理します。こうして管理した情報をチラシやホームページに出力する事で、不動産会社は自社の商品である物件情報をアピールし、集客に繋げます。以前はポータルサイトでの集客が主流でしたが、最近では自社ホームページを開設したり、SNSなどを活用して集客する会社も増えてきました。こうした新たな集客方法の結果、ご来店いただいたお客様に対し、希望条件をヒアリングして、ご希望にあった物件をご紹介していきます。紹介した物件のうち、お客様が気に入った物件があった場合には、お客様と一緒に実際の物件を見に行きます。実際に物件を見ながら、物件の特徴や魅力についてどれだけお客様にお伝えできるか、というセールストークのスキルも賃貸仲介の仕事をしていく上では必要になってきます。実際に物件を見てもらい、お客様から「この物件を借りたい」という申し出があれば申込書を書いてもらい、入居審査に移ります。入居審査が通れば、宅建士の資格を持ったスタッフが契約前の重要事項説明を行い、晴れて契約成立となります。賃貸仲介業に転職するのであれば、この一連の流れを担当することになっていきます。実際に賃貸仲介業の求人情報を見てみると、インセンティブ(歩合給)や資格手当、賞与などが記載されている情報もあります。特に不動産業務経験者や宅建士の資格保有者は、採用や待遇面において優遇されることも多いので高年収も目指せます。こうした賞与などの各種手当や年収といった待遇面に関しては、企業によって基準が異なりますので、求人情報をしっかり確認することが大切です。また、転職後にスキルアップを図ることも可能ですが、不動産業界への転職をお考えなら、宅建士の資格を事前に取得する事をオススメします。不動産業界について学ぶことも出来ますし、資格を有していることで出来る業務の幅も広がります。いえらぶ不動産転職では、不動産業界の求人情報だけでなく、こうした資格取得のための動画講座もあります。年収や賞与にも差が出るので転職前、転職後のキャリアアップに繋げてみてはいかがでしょうか?

北海道・東北
関東
北陸・甲信越
東海
近畿
中国
四国
九州・沖縄
初めての不動産業界でも働きやすい!豊富な求人情報あります♪
不動産賃貸仲介会社の主な業務内容は、営業活動が中心です。ウェブやチラシなどに広告を出稿したり、紹介をしてもらったりする会社もあります。求人募集は事務、カウンター・窓口営業、内見でのお部屋のご案内など、盛んに募集されています。賃貸仲介営業はルームアドバイザーとも呼ばれています。賃貸仲介の手数料は、売買仲介のおおよそ10%程度だといわれています。一契約で得られる手数料が大幅に少ないため、居住用賃貸物件を取り扱っている会社は、成約数を伸ばすために積極的に集客を行う必要があります。そのため、ウェブやチラシなどに広告を出稿する広告宣伝活動も盛んに行われます。行動力が活きるのがこの業種です。

177件の求人があります    1081-1100件表示

  • おすすめ順
  • 新着順

トップへ戻る

無料転職サポートを提供中

マッチングメール

無料転職サポート

ライン無料転職サポート