無料転職電話サポート

不動産・建築業界の求人/転職のいえらぶ不動産転職 > 条件・特徴から探す > 宅建取引士歓迎の求人/転職情報 > 64ページ目

自分に合った求人がきっと見つかる宅建取引士歓迎の求人情報

不動産業界の転職をお考えなら、求人情報を探す前に高年収や賞与を目指すためぜひ取得しておきたい資格があります。それが、「宅建士(宅地建物取引士)」の資格です。以前は、「宅地建物取引主任者」と呼ばれていましたが、平成26年に行われた宅地建物取引業法の一部改正され、「宅建士」と名称が変更されました。宅建士とは、宅地建物取引士資格に合格した後、都道府県知事に対する登録と宅地建物取引士証明書の交付を受けた人を指します。宅建士の仕事としては、「重要事項説明」があります。不動産取引における重要事項説明とは、契約の前に宅建士がお客様に対して資格証を提示しながら、口頭で必ず行うよう定められているものです。賃貸仲介では、入居者、売買仲介においては買い主に対して行われます。重要事項説明の内容としては、物件の基本情報や設備、安全性や契約について、注意事項などが主に含まれています。特に売買仲介では、賃貸仲介よりも更に細かな点まで説明する必要があり、約1時間程度かけて行われます。また、重要事項説明は、お客様が契約前に物件の情報や契約内容について最終確認を行う大事な機会のため、宅建士がこの義務を怠った場合、業務全体や業務の一部の停止、更に情状が重いと判断された場合には、免許取消処分を受けることもあります。それほど重要な責任を要する業務のため、この重要事項説明は宅建士しか行えない他、宅地建物取引を行う企業においては、従業員5人に1人以上の設置が義務付けられています。こうした背景から、不動産業界の求人情報においては、宅建士の資格保有者を優遇するものが少なくありません。しかし、その一方で、毎年の合格率は16~17%とあまり高くありません。例年20万人程度が受験しているほど、人気の高い資格ですが、実際にはそのうちの3万人近くしか合格していない現状です。そのため、宅建士の資格を取る際には、資格の通信講座などを利用してしっかり勉強する必要があります。合格率の低い資格ですが、持っていると年収や賞与にも大きく関わってくるので、毎年多くの方が受験します。いえらぶ不動産転職では、会員限定で宅建の無料動画講座を提供していますので、こちらもご活用していただければと思います。資格取得が難しく、業務の責任も大きい宅建士の仕事ですが、実際の求人情報を見て頂くと、「資格手当」という形で、給与面での待遇が良くなるメリットもあります。キャリアアップの面でも、宅建士の資格を有している方が役職への道も近くなり、高年収や賞与を目指せる可能性があるため、不動産業界で働きたい、とお考えであれば、宅建士の資格取得を目指してみてはいかがでしょうか?また、既に資格を取得しているという方も、当ページでは、宅建士の資格取得者向けの求人情報を多数掲載していますので、ぜひこちらから転職先をお探し下さい。

北海道・東北
関東
北陸・甲信越
東海
近畿
中国
四国
九州・沖縄
高ニーズの宅建取引士!未取得の方もいえらぶ宅建無料講座へ★
宅地建物取引士(宅建取引士)は、直接不動産の取引を行うために必要な資格です。一般の人にとって、家を買うことは一生で一番大きな買い物と言っても過言ではありません。宅建取引士は、法律の知識をもとに的確なアドバイスや提案をします。十分にお客様に説明をし、理解していただけたうえで、宅建取引士のみが契約を交わすことができます。宅建取引士資格は不動産会社は国家資格であり、宅建取引士がいなければ業務を完遂することもできないため、重宝されます。気になる求人は今すぐ応募。あなたの知識を活かしましょう!

591件の求人があります    1261-1280件表示

  • おすすめ順
  • 新着順

トップへ戻る

無料転職サポートを提供中

マッチングメール

無料転職サポート

ライン無料転職サポート