引越し

給料と家賃のベストバランスを探そう

引越し

ハイライト

  • 家賃は給料の3分の1になるよう意識して部屋探しをするかアンケートをとった。
  • 意識するという人が7割以上と多数派になり、身分相応な部屋探しをしていた。
  • 自分にとっ大切なもの、重視したいものをはっきりさせて部屋を探すべきだろう。
  • faebook
  • ツイッター
  • グーグル+
  • bookmark
  • ポケット

引越し

「住む」ことは、衣食住の中でも生活の基盤となるため、慎重に選びたいものです。住みやすい部屋なら生活への満足度も高くなるものでしょうし、できるだけよい家を、と考えて部屋探しをしている人も多いはずです。
しかし良い部屋は総じて家賃が高いものです。家賃が高いと、家計を大きく圧迫してしまいます。今回は、その家賃と給料のバランスについてみなさんがどう考えているかを探ってみましょう。

部屋の家賃は給料の3分の1迄におさめるのが妥当といわれますが、部屋探しの際、それを意識しますか?

部屋の家賃は給料の3分の1迄におさめるのが妥当といわれますが、部屋探しの際、それを意識しますか?
・はい:74%
・いいえ:26%
      

【バランスを重視!将来何が起こるかわからない!?】
七割以上の方が部屋の家賃は給料の3分の1迄におさめることを意識して部屋探しをしているという結果となりました。

「意識します。給料から貯金も少しずつしていきたいので、できれば家賃は3分の1未満で済ませたいものです。」
「家賃だけで生活を圧迫してしまうのは良くないと思う。日常生活を維持しながら、貯金もできる生活をするのが適当だと思う。」
「給料が安定していないのでなるべく後で困らないようにしたいからです。」
「身分相応の暮らしをすることは、とても大事な事だと思うからです。」

貯金や生活費など、別の部分にもお金をかけていく必要があるということを理由として挙げた方が多かったです。給料の不安定さなどからできるだけ固定費を抑えたいという将来への不安も見られ、社会構造上の問題もあるということがわかります。

「身分相応」を意識することは暮らしていくうえでやはり大切なことであり、そういった面からバランスを考えていく必要があるということでしょう。


【家賃だけじゃない!重視したいポイント!】
給料の3分の1迄ということを意識せずに部屋探しをするという人も、2割以上いるという結果になりました。

「家賃を基準内におさめることができても、生活費がかかってしまったり、交通の便が悪くて通勤時間がかかってしまったりしては本末転倒になるのではないかと思うからです。」
「希望の設備がついている範囲内でだが、なるべく安いほうがいいので、一番安いところを探すようにする。」
「住みたい場所や住みたい設備を考えるので、家賃のことは考えていないです。」
「安い家を探してしまいます。給料の3分の1も払うなんてできません。」

基本的には安い家を探しているという意見が多い印象です。しかし、立地条件、設備などについても重視しているということもうかがえます。単純に給料とのバランスを見るのではなく、住居設備の満足度、利便性なども部屋選びの大きなポイントであり、それに見合った家賃であることが、満足できる住まい探しには必須だということが言えるでしょう。


【「重視したいもの」を軸に選ぼう!】
多くの人が、給料などの収入に見合った物件を探している結果となりました。やはり、住まいは生活の中で大きな割合を占めますが、他にも重要なポイントはあり、全体的な暮らしの満足度を得るには住まいにかかる費用をある程度に抑えなくてはならないということでしょう。

自分の暮らしにとって大切なもの、重視したいものをはっきりさせることが、どのような部屋がよいかを探すヒントになるということができます。その点をはっきりさせたうえで、自分が住まいにかけられる費用のバランスを個々に考えていくべきでしょう。

  • 調査地域:全国
  • 調査対象:年齢不問・男女
  • 調査期間:2014年8月20日~8月29日
  • 有効回答数:100サンプル

みんなの回答をすべて見る

【はい】

  • 意識します。給料から貯金も少しずつしていきたいので、できれば家賃は3分の1未満で済ませたいものです。(35歳/男性/無職)
  • 良い部屋に住みたいと思いますが、無理をして高い家賃を払っても生活がギリギリでは辛すぎます。3分の1に近い金額で部屋探しをします。(54歳/女性/パートアルバイト)
  • 当然意識します。3分の1と言わず、安く抑えられるのでありば、出来る限り安い物件で決めたい。(44歳/女性/会社員)
  • 生活が重要であるため、自分の給与に合うような家賃が必要であります(31歳/女性/契約派遣社員)
  • じつは四分の一ぐらいがちょうどいいかもしれません、三分の一は最悪の場合という事です。(36歳/男性/会社員)
  • そうです、生活を圧迫する事になりますので、なにか急に出費の時も困ります。(36歳/男性/会社員)
  • 毎月の支払いが苦しくなったり、払えなくなってしまうといけないので、家賃は重要視します。(33歳/女性/専業主婦主夫)
  • 実際意識はしたが、3分の1なんてものすごく少なすぎて、住む部屋がない。住めるとしたらものすごく駅から遠いか、築何十年のボロボロのところかしかなく、セキュリティ面などを考えるなら、結局高い部屋になってしまうしかなかった。(28歳/女性/会社員)
  • 平日の日中は仕事、休日は外出と家で過ごす時間のほうが少ないため、それほど家賃をかけたくないから。(39歳/女性/その他専門職)
  • やはり貯蓄を増やしたいので。それくらいに収めておかないと貯蓄をする余裕がなくなりそう。(31歳/女性/パートアルバイト)
  • 家賃が家計を圧迫したら困るので意識します。なるべく安くていい物件を探します。(30歳/女性/パートアルバイト)
  • ムリをすると生活が成り立たないから、3分の1位が丁度いいと思う。(37歳/女性/専業主婦主夫)
  • 住まいにこだわり過ぎて分不相応な家賃を支払っていると他のことにお金をかけられないので。(40歳/女性/専業主婦主夫)
  • 先に予算を決めないと物件も絞れないし、無理して後々暮らしがきつくなるのは嫌だから(31歳/女性/パートアルバイト)
  • 額面支給額ではなく、手取りからの3分の1に収める事を意識する。仮に、理想の物件が手取りの3分の1すれすれ、または管理費を含めた結果予算越えになった場合、生活費の見直しをしてでも契約決定をすると思う。あくまで目安として、意識するのみ。(34歳/女性/会社員)
  • 頭の中の片隅で計算しながら、この部屋に住んだことで生活がどうなるのかは想像します。(24歳/女性/学生)
  • 家賃が高いと生活が圧迫するので、妥当といわれる金額で収めたいと考えています。(49歳/女性/専業主婦主夫)
  • 毎月の支払いを考えると、払えなくなると困るので給料の1/3が妥当だと思うから。(26歳/女性/公務員)
  • 最初のうちは払えるが、後々払えなくなってしまうということが起こると怖いからです。(25歳/女性/パートアルバイト)
  • 3分の1までにおさめないと、他の費用に差し障りが出てくるので、家賃は給料に見合った金額内に収まるように、意識して、部屋を探します。(46歳/女性/無職)
  • 通常生活し、ある程度の貯金もしながらと考えればその辺りが妥当と考えます。(50歳/男性/会社員)
  • いくら自分好みで住みたいっていっても払えなくなってしまったらお金の無駄だし後々大変なので意識します。(24歳/女性/専業主婦主夫)
  • 以前賃貸物件に住んでいる時にこれを意識して貸りていましたが、実際3分の1でも生活はギリギリだと感じました。なので例え気に入った物件でもこれ以上になる物件は貸りることはしません。(38歳/女性/専業主婦主夫)
  • 毎月支払うことを考えると出来るだけ家賃が安い方が安心出来るため。(22歳/女性/学生)
  • 自分の収入に合った家に住むべきだから、給料の3分の1までの家賃を探す。(29歳/女性/学生)
  • なるべく3分の1に納めることを理想にして、お部屋探しをします。(26歳/女性/専業主婦主夫)
  • 給料が低いのに必要以上に家賃にお金をかけることによって自分の趣味やその他に使っていた部分を必然となくなっていき生活が苦しくなってしまうと思います。(20歳/女性/学生)
  • 3分の1以上の家賃だと生活が苦しくなりそうなので、この程度の家賃が妥当だと思い意識して探します。(39歳/女性/公務員)
  • 食費、光熱費などの家賃以外の生活費と、それ以外に使える費用を換算すると、家賃は大体そのようになるから。(34歳/女性/自営業(個人事業主))
  • それ以上だとかなり生活が苦しくなります。引っ越した時はそのつもりだったのですが、不景気で残業もなく現在はかなり厳しい状況です。(45歳/女性/契約派遣社員)
  • 給料光熱費などを考えるとそれくらいに抑えるのが一番良いと思います。(39歳/女性/契約派遣社員)
  • 家賃が生活を圧迫すると気持ちも落ち着かないし余裕もないので。(24歳/女性/自由業・フリーランス)
  • 家賃が高い部屋に住んでも所詮捨て金なのでなるべく安いところを探すように意識しました。(39歳/女性/専業主婦主夫)
  • 家賃が相応でなければ生活が安定できませんので、収入とのバランスは大事だと思います。(53歳/女性/パートアルバイト)
  • 家賃は大きいので、3分の1といわずできるだけ安いところを探します。契約前に必ず値引き交渉します。(35歳/女性/専業主婦主夫)
  • 私は住居にそれほどのこだわりはないので、基本的な機能がそろっていれば、できるだけ安い部屋を希望します。(43歳/男性/自由業・フリーランス)
  • あまり家賃が高い部屋に住んで、生活が苦しくなっては困るので気に掛けると思います。(23歳/女性/学生)
  • 金銭的に少しゆとりを持って生活したいので意識します。日々、追い詰められる生活は嫌です。(48歳/女性/パートアルバイト)
  • 家賃を3分の1に抑えた方が生活するのに少し余裕がでるので意識する。(50歳/女性/契約派遣社員)
  • 意識します。給料全体のバランスを考えても、それ以上の家賃だと、生活の質に影響してきます。むしろ光熱費、水道代、交通費、食費、通信費など生活してく上でかかる費用から考えて、給料を賢く使う方をおぼえた方が、将来の生活設計の予行になると思います。(56歳/男性/パートアルバイト)
  • 家賃は払い続けていくものなので、無理のない部屋探しをする必要がある。意識せずに部屋を借りてしまって家賃が払えなくなってしまったらまた探さなければならない。(34歳/女性/専業主婦主夫)
  • 身分相応の暮らしをすることは、とても大事な事だと思うからです。(43歳/女性/専業主婦主夫)
  • 給料が安定していないのでなるべく後で困らないようにしたいからです。(35歳/男性/専業主婦主夫)
  • 家賃は毎月発生するので、なるべく安く納まるよう給料の3分の1までを目安にしたいです。(47歳/女性/無職)
  •  家賃でいっぱいいっぱいになって、貧しい暮らしをするのもつらいので。(33歳/女性/専業主婦主夫)
  • 部屋のレベルを選ぶ時には、常に意識しています。生活費を家賃だけで圧迫したくないけど、あまり酷い部屋にも住みたくないからです。(36歳/女性/専業主婦主夫)
  • 条件は有っても最後はお金であるので、家賃は出来るだけ押さえ込みたい(46歳/女性/無職)
  • 後先考えないで、生活が苦しくなって節約やバイトをするのは嫌だから(41歳/女性/パートアルバイト)
  • 一応の目安としては意識します。しかし、それだけではなく、住みたい部屋の自分にとっての価値の大きさや、収入の余裕などを考えて実際には決定すると思います。(48歳/女性/会社員)
  • 食費・水道光熱費・交際費などを考えると3分の1迄におさめたいです。(42歳/女性/パートアルバイト)
  • 生活費の中で家賃が占める割合はとても高いので、当然意識する内容です。ただ、一人暮らしでなければ給料というよりも世帯収入との割合を意識します。(57歳/男性/会社員)
  • 給料の1/3や1/4くらいをめどに考えているが、極力家賃は少ない物件を探した。ただし、職場までの通勤費なども考慮に入れて考える。(37歳/男性/会社員)
  • 安すぎても狭い物件しかないし、高すぎても自分では払えない物件が多いので、だいたいは3分の1を目安にして考えています。でも気持ちもう少し安めにしているかもしれません。(21歳/女性/学生)
  • 家賃が高すぎて日々の生活費に苦しむよりも、自分の給料に見合った部屋に住んで食費などをきちんと確保したほうが良いと思う。(21歳/女性/学生)
  • 常に出て行く出費なので重要視します。無理はしない方が後々困らないようにしておきたいと思います。(28歳/女性/パートアルバイト)
  • のちに家賃が払えなくなったり生活ができなくなることが怖いので意識します。(45歳/女性/無職)
  • 意識しますね。少しは貯金をしたいと思っていますから。それを超えてしまうと貯金するのはかなり厳しいと思います。(40歳/男性/無職)
  • 食費や高熱費・通信費などの事を考えると3分の1以内にしないと生活が苦しくなるからです。(60歳/女性/専業主婦主夫)
  • 支払いができなくなるのを抑えたいので。賃貸で生活してみて、それが妥当だと感じています。(32歳/女性/会社員)
  • 自分の希望条件との兼ね合いで、多少の額の前後はありますが、基本は3分の1を目標に探します。(39歳/女性/専業主婦主夫)
  • 家賃だけで生活を圧迫してしまうのは良くないと思う。日常生活を維持しながら、貯金もできる生活をするのが適当だと思う。(51歳/女性/パートアルバイト)
  • 1/3どころか1/4以下に抑えるようにすべきだと思う。自動積み立てなどをして毎月貯金をすべきだからなるべく家賃は低く抑えたい。(56歳/男性/会社員)
  • お家賃で生活を苦しめるようなことにはしたくないので3分の1を目安にします。高収入なら気にしなくてもよいと思います。(40歳/女性/会社員)
  • 意識せずに決めて、3年経ちますが、今それを聞いて確かにその通りだと思いました。固定費である家賃の支払いは生活費において大きく割合を占めるため、3分の1までにおさめておくことが重要だと思います。(38歳/女性/専業主婦主夫)
  • 家賃と光熱費等、毎月出費が決まってるものはなるべく安く済ませたい。生活を切り詰めるのは大変だから。(48歳/女性/パートアルバイト)
  • 生活費の中でかなりのウェートを占める家賃はなるべく給料の3分の1程度に抑えておかないと、食費や衣服代を我慢することにもなりかねないと思うから。(57歳/男性/公務員)
  • 実際に部屋を借りる時に意識して部屋を探しました。毎月かかることなのでそこは意識します。(41歳/女性/専業主婦主夫)
  • 分不相応という言葉通り、家賃のために食費や光熱費を削りたくないし、ひもじい思いもしたくない。安い家賃の家でもインテリアなどを工夫すればそれなりに快適に暮らせると思うから。(46歳/女性/契約派遣社員)
  • 光熱費・食費・衣料費は多少節約できても、家賃は下げてもらえないので、生活が苦しくなってしまいます。(53歳/女性/専業主婦主夫)
  • 高すぎると、残業が減った時などに支払えなくなってしまうと怖いので。(45歳/女性/会社役員)
  • 家賃は毎月必ず発生するものなので、三分の一といわず良い物件なら更に安くてもいいと思います。(48歳/女性/パートアルバイト)
  • 家賃は毎月払うものなので、後々負担にならないよう意識します。(37歳/男性/会社員)
  • 出来るだけ安くて良い物件を探します。引っ越しの際には早めの段階から徹底調査します。3分の1と言わず4分の1くらいに抑えたいです。(47歳/女性/パートアルバイト)
  • もし部屋探し中にその話を耳にした場合はとても気になります。できればもっとかけたくない位ですが…。(37歳/女性/専業主婦主夫)

【いいえ】

  • 現在の給料の3分の1までではを借り希望する条件の物件を借りるのは難しいと思う。(52歳/女性/専業主婦主夫)
  • 給料の3分の1とかいわれているのを、はじめて知りました。家賃はなるべく安いほうがいいです。(43歳/女性/会社員)
  • 3分の1よりもっと安く家賃を済ませたいと思うので、あまり意識はしていません。(30歳/女性/パートアルバイト)
  • 給料の3分の1というはなしは今質問文を読んで知ったことなので今まで気にしたことは無かったから。(20歳/女性/学生)
  • 低所得者にとってはとても無理な設定です。ただでさえ格安の賃貸物件は簡易ホテルなみの狭さか設備の古さを選ばなくてはならないからです。一定の広さは確保するべきだと思います。(45歳/女性/その他専門職)
  • 会社の家賃補助もあるので、その額との兼ね合いを意識して探します。(27歳/女性/専業主婦主夫)
  • 自分の気に入った部屋を探すべきであると考えておりますので、給料との比較はしません。(23歳/女性/学生)
  • 給料の3分の1は特に意識せず、条件に合うより安い金額で、上限5万円台前半までの金額で探すので(34歳/女性/無職)
  • 安い家賃で好条件のお部屋ならそれに超したことはないと思うので意識しません。(41歳/女性/専業主婦主夫)
  • 給料の3分の1とは考えないけど、大体何万ぐらいかな。っという考えはある。(35歳/女性/専業主婦主夫)
  • 世間でそのように言われている事を知らなかったので、意識はしませんでした。(34歳/女性/無職)
  • 自分が使う分の生活費を計算して、その中でやりくり出来る家賃の部屋を探します。(43歳/女性/パートアルバイト)
  • 意識はしないが、予算的なものは考えます。3分の一以下に収めようとするかもしれません。(41歳/女性/専業主婦主夫)
  • もっと安い物件を探すようにするが、部屋の条件によって考える。(26歳/男性/会社員)
  • 安い家を探してしまいます。給料の3分の1も払うなんてできません。(36歳/女性/会社員)
  • 全く意識しません。住みたい場所、環境を踏まえて生活が維持できることのほうが優先順位は高くなるためです。お金の使い方は人それぞれのため人のいうことをうのみにはしません(31歳/女性/自営業(個人事業主))
  • 希望の設備がついている範囲内でだが、なるべく安いほうがいいので、一番安いところを探すようにする。(42歳/男性/会社員)
  • 実際に他の人が家賃は給料の三分の一までにおさめることを意識して部屋を決めているのか気になったので(20歳/女性/学生)
  • もちろん、最低条件はありますが、安ければ安いほどいいです。給料が高くて浮いた分は、貯蓄に回し買い物や旅行に充てたいです。(40歳/女性/パートアルバイト)
  • 住みたい場所や住みたい設備を考えるので、家賃のことは考えていないです。(36歳/男性/会社員)
  • 給料の三分の一よりも、部屋のきれいさとか築年数による相場で考える。(46歳/女性/パートアルバイト)
  • 給料が安い場合は家賃がその程度に収まることはないと思うので無理です(30歳/女性/会社員)
  • 家賃を基準内におさめることができても、生活費がかかってしまったり、交通の便が悪くて通勤時間がかかってしまったりしては本末転倒になるのではないかと思うからです。(41歳/女性/パートアルバイト)
  • 家賃の支払いには、まだそれぐらいなら許せます。生活費、食費やローンを考えると。(23歳/男性/パートアルバイト)
  • 全く考えていませんでした。最初に住んでいた賃貸マンションは丁度3分の1位でした。次のマンションでは5分の1程度、現在ではそれ以下です。その他のローン等などで3分の1以上になっているのかとは(笑)(44歳/男性/会社員)
  • 3分の1にするという事を初めて聞きました。単純に無理のない範囲で良い物件をさがします。(34歳/女性/専業主婦主夫)
  • faebook
  • ツイッター
  • グーグル+
  • bookmark
  • ポケット

記事一覧へ戻る

Related article関連記事