住まいのノウハウ

内覧がはかどる!便利な持ち物いろいろ

  • faebook
  • ツイッター
  • グーグル+
  • bookmark
  • ポケット

年が明ければ見えてくるのが年度末!

この時期になると、新生活にむけてお部屋探しをされる方もどんどん増えてきます。

内覧

めぼしい物件を見つけたら、次には現地で実際の物件を確認する「内覧」をしましょう。

今回はそんな内覧に役立つグッズをご紹介します。

これは必須!

内覧に持って行くべきな持ち物として、
・物件の間取りが載っているチラシ類
・メジャー
・メモ用紙・筆記用具
・デジカメ
などがあります。

はかどる!便利なスマホアプリ

こだわって物件を調べようと思ったらどんどん増えてしまう持ち物。しかしスマホのアプリで簡単に代用できるのです!

メジャー→メジャーアプリ

メジャー

対象物までの長さや距離を測ることのできるアプリをインストールしておけば、部屋の広さだけでなく家具・家電の大きさを測るときにも活用できます。

ビー玉→水平器アプリ

ビー玉

床が傾いていると平衡感覚が狂い、めまいや吐き気などの健康障害が生じることも。部屋は建て付けが悪くなり、隙間風や雨漏りの発生する恐れもあります。

地盤沈下などで建物が傾いてないか調べるためにビー玉やピンポン玉を転がす方法がありますが、水平器アプリでも傾きを確認することができます。

スマホケースまたはスマホカバーで余計な傾きを感知しないか、事前に操作して確認しておきましょう!

方位磁石(コンパス)→コンパスアプリ

コンパス

東西南北の方角や指定した場所の方角を指し示してくれるアプリがあり、ベランダや玄関の方位をチェックすることができます。このアプリがあれば恵方巻を食べる方角もすぐにわかりますね!

懐中電灯→懐中電灯アプリ

懐中電灯

押入れやシンク下など、暗い場所のチェック時に役立つアプリです。標準アプリとして付いている機種も。

騒音測定器アプリ

スマホを持つ男性

物件や各部屋ごとに騒音を測っておけば、騒音の具合を比較することができます。

もちろん、自分の耳で感じる音を確認しておくことも大事です!

多彩なスマホアプリの活用で、内覧もきっとはかどります!

もちろんどのアプリもバッテリーを消費することになるので、使いすぎには注意です。

盲点だった!服装も大事

スムーズな内覧には服装も大事です。動きやすく、汚れても平気な(でも清潔感のある)そんな服装が内覧には向いています。

脱ぎ履きしやすい靴で、そして靴を脱いでも恥ずかしくないように穴の開いてない靴下を準備しましょう!

靴下

室内の床、汚れているかも?

埃などで床が汚れている物件も中にはあります。スリッパを用意してくれる不動産会社もありますが、準備されていなければ自分の靴下が汚れることを覚悟しなくてはなりません。

自分でスリッパを用意するか、替えの靴下を準備しておきましょう。汚れ物を入れるビニール袋も必要です。

ここからは私の体験談になりますが、内覧時にたまたま天井の配線工事をしていて、汚れている状態の床を靴下で歩かなくてはいけませんでした。

はたまた別の物件は築年数の古い賃貸の1階の部屋で、床の張替え工事の途中であり、内覧に行ってみたところ床がありませんでした! 靴のまま、梁を跨いで室内を内覧しました…。

おわりに

持ち物に不足がなければ、集中して物件をチェックすることができます。

内覧の心構えも準備もバッチリにして、お部屋探しを始めましょう!

  • faebook
  • ツイッター
  • グーグル+
  • bookmark
  • ポケット

記事一覧へ戻る

Related article関連記事